建物をつくる際に欠かすことが出来ない設計事務所

費用の把握

専門業者を利用した場合にかかる費用について

 相続不動産売却専門業者を利用して相続した不動産の売却を図る人がたくさんいますが、その際に発生する費用についての考え方は、一般の不動産業者を利用した場合と何ら変わりがありません。多くの人は、一定の期限までは買主探しをしてもらい、その期限までに適当な買主を見つけることができなかった場合には相続不動産売却専門業者に不動産を買い取ってもらうという、買取保証付きの仲介契約を結びます。したがって、期限内に良い買主と巡り会うことができ、無事に売買契約が成立した場合に限り、相続不動産売却専門業者に仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料の上限額は法律で決められています。取引額に応じて3段階の報酬額が定められているのですが、取引額が400万円を超えている場合の報酬額は、取引額の3%以内と定められています。

相続不動産売却専門業者が受け取る報酬額について

 先程述べた通り、相続不動産売却専門業者が依頼者から受け取れる報酬金の額は、法律によって上限が定められています。その上限額を超える報酬金を支払う契約を結んだとしても無効になりますので、これから相続不動産売却専門業者の利用を考えている人は、上限額の定めがどのようになっているのかをあらかじめ知っておくことが大切です。具体的には、取引額が200万円以下の場合の報酬額は取引額の5%以内、取引額が200万円を超えて400万円以下の場合は4%以内、取引額が400万円を超えている場合には3%以内と決められています。この金額は、あくまでも上限額ですから、交渉次第で報酬額を安くしてもらうことが可能です。一方、最終的に相続不動産売却専門業者に不動産を買い取ってもらうことになった場合には、仲介手数料が発生しないことになります。